富士見書房公式 TRPG ONLINE

毎月20日発売

ソード・ワールド2.5 種族紹介

ソード・ワールド2.0の舞台「ラクシア」には数多の種族が暮らしています。
ここでは「アルフレイム大陸」にてプレイ可能な種族たちを紹介します!

◆人族

人間


イラスト:黒井ススム

人間はラクシアで一番数多く存在する人族で、冒険者の数も最多です。見た目は現実世界の人間と変わりません。どの技能にも適性があり、運命を切り拓く力を持っていると言われています。
15 歳で成人として扱われ、寿命は約100年です。
また、人間はゲーム内時間の1日に1回だけ、特定の判定等で振ったサイコロの出目を裏返す[剣の加護/運命変転]を持ちます。様々な場面で活躍できる種族です。

◆サンプルキャラクター/人間の戦士◆
片手半剣と革鎧で武装した人間の戦士です。
戦闘では剣を持って敵の前に立ち、とどめにはダメージが増える戦闘特技《全力攻撃Ⅰ》を使っていきます。
回避力が下がってしまうので、ここぞというときを狙っていきましょう。
また、スカウト、レンジャーといった技能も習得していますので、観察、技巧、運動といった幅広い判定で仲間に貢献できます。
自身の得意分野で仲間を助け、積極的に活躍しましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

エルフ


イラスト:黒井ススム

人間より背が高く、美しく優雅な姿をした種族で、魔法を得意とします。湖や川など、淡水の水辺や湖畔に好んで暮らします。自然を愛し、ゆったりと長い人生を楽しむことを好みますが、好奇心が強いため旅に出るエルフも珍しくありません。
人間よりもやや華奢で頭がよいので、魔法を使うのに適した能力をしています。すばやくて器用な者も多いので、レンジャーやフェンサー、シューターにも向いています。15 歳で成人と扱われ、最大寿命は約500 年です。たいていは成人してから冒険者になり、300 歳程度からゆっくりと老い始めます。

◆サンプルキャラクター/エルフの神官剣士◆
小剣と小型の盾を持つ、エルフの神官剣士です。水に近しい種族で、水中でも1時間は行動の制限を受けません。毒や病気に強いのも特徴です。
このキャラクターは始祖神ライフォスを信仰している神官です。仲間を助け、傷を癒やす神聖魔法が使えます。仲間がピンチに陥ったときや、強敵と対峙するときは、回復役として惜しまず魔法を使っていきましょう。
また、軽い剣と鎧を使う軽戦士としても活躍できます。専門の戦士には及びませんが、露払いやサブアタッカーとしては十分に役割を果たせるでしょう。フェンサー技能は他に比べ、クリティカルと呼ばれる必殺の一撃が出やすくなっている技能です。
魔法を使う必要がないときは、武器を振るって戦ってみましょう。セージ技能による知識の判定でも、仲間を助けることができます。
多彩な技能と選択肢を適切に選び、仲間を支えていきましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

ドワーフ


人間より背は低いながら、頑健な体と強靱な筋肉を持つ種族です。
多くの男性は濃いひげを生やし、がっしりした体格をしています。女性にひげはなく、成人しても人間の少女に似た姿のまま、生涯ほとんど老けません。男女とも、頭髪を含む体毛は金属系の色や派手な原色、中にはピンクや緑などの奇抜な色になる傾向にあります。
頑固で一本気な性格の者が多く、非常に仲間想いでもあります。己を鍛え、より強くなろうとする種族性があり、優秀な戦士となります。また優れた武具や細工物を作ることでも有名です。
多くの場合、山間部に鉱山町を作って暮らしていますが、蛮族との戦いの場を求めて人間とも積極的に交流し、傭兵や冒険者となるものも多数います。
15 歳で成人と扱われ、最大寿命は200 年ほどです。たいていは成人してから冒険者になり、死ぬまで己を鍛え続けます。

     


イラスト:黒井ススム

◆サンプルキャラクター/ドワーフの神官戦士◆
汎用性の高い打撃武器と、金属鎧で武装したドワーフの神官戦士です。ドワーフはエルフほどではないものの、人間よりも長命な種族です。炎でダメージを受けない、という特徴も持っています。
このキャラクターは奈落の盾神イーヴを信仰している神官であり、同時に金属鎧を着た重戦士でもあります。攻撃を避けることは得意ではありませんが、鎧と盾で護られた身体は、たいていの攻撃は受け止められます。
戦闘特技《かばうⅠ》は、すぐ横で戦う仲間の代わりに、攻撃を受けるものです。怪我をしてピンチになっている仲間や、攻撃に専念している仲間をかばうことで、損害を最小限に食い止められます。
自身や仲間が怪我をしたときは、神聖魔法で傷を癒やしてあげましょう。堅牢な肉体で敵の攻撃をひたすら受け、最前線で存在感を出しましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

タビット


イラスト:黒井ススム

タビットは身長1mほどの、直立したウサギのような姿をした種族です。体毛の色はさまざまで、手足には肉球がありますが、道具を使ったり、靴を履いたりするのは人間と同じです。知識の収集を好み、真実の探求に打ち込むことを生きがいとしています。
魔法に卓越した才能を発揮し、どんな魔法でも使いこなせる素養を持ちます。しかし神聖魔法だけはどうしても習得できず、多くのタビットは「自分たちが太古の神々の戦で敗れ、呪いをかけられた神の末裔だから」だと考えているようです(真相は不明です)。
魔法に優れた才能を発揮する反面、短い足と腕のために、動きは鈍く不器用です。10 歳で成人として扱われ、寿命は50 年ほどです。
たいていは成人前の5歳くらいから冒険者になり、死ぬまで冒険者であり続けます。

◆サンプルキャラクター/タビットの魔法使い◆
タビットの魔法使いです。タビットの特徴はその類まれなる知識の高さです。寿命は人間よりも短いものの、成熟するのが早く、文官や学者などとして、多くの街で重用されています。
冒険者としてのタビットは、優れた魔法使いとして仲間に貢献します。このキャラクターは2つの系統の魔法を習得し、状況に応じて最適な魔法を使うことで、危機を回避したり、仲間を助けたりできます。個々の魔法の使い方については、はじめは戸惑うかもしれませんが、「このときはコレ」というように、ひとつずつ使い方を覚えていきましょう。また、魔法を使うとMPを消費しますので、その管理にも気を配ってください。
魔法に特化するあまり、ほかの事はあまり得意ではありません。ただし、危険が近づいているときは種族の特徴である[第六感]で、いち早く察知できます。
多くの魔法を使いこなし、魔法使いとして活躍しましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

ルーンフォーク


イラスト:黒井ススム

ルーンフォークは自然に生まれた種族ではなく、2,000 年ほど前に興った魔動機文明で作られた人造人間です。
基本的に人間と同じような姿と肉体構造をし、食事や睡眠も人間と同じように行います。男性型の多くは大柄、女性型の多くは小柄に作られています。また人間と見分けるためか、必ず首が硬質素材に覆われており、それ以外にもどこか、耳や顔の一部、腕や足などが硬質素材となっています(プレイヤーが任意に決定します)。
ルーンフォークは筋力と器用さに優れ、優秀な戦士や射手となります。その出自ゆえマギテックとなる者もよく見られます。神の声が聞こえず、神官は存在しません。
寿命は、動作できる期間ということになります。約50 年は安定しますが、それ以降は突然機能停止(死去)することがあります。生まれてから死ぬまで姿は変わらず、生後即冒険者となる者もいます。

◆サンプルキャラクター/ルーンフォークの銃手◆
ルーンフォークと呼ばれる、人造人間の種族です。両手持ちの銃を武器として扱います。
このキャラクターは魔動機術という、マギスフィアを用いる魔法を扱います。魔動機術の中には銃の弾丸に魔力を込めるものがあり、それを飛び道具として扱うことで、強力な攻撃が行えます。弾丸の種類は豊富で、中には仲間を回復させるものもあります。《ターゲッティング》の戦闘特技があるため、狙った相手と違うものに当ててしまうこともありません。学者としての知識もあり、敵の弱点を見抜いたりもできます。
強力な銃撃を当てていき、敵を倒して仲間の被害を最小限に抑えましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

ナイトメア


イラスト:黒井ススム

ナイトメアは人間やエルフ、ドワーフから生まれてくる、突然変異です。生まれながら魂に“穢れ”を1点持ち、その影響で頭部に1~2本の小さな角、体に痣を持ちます。肌は極端に色白ですが、そのほかの見た目は人間とあまり変わりません。
“穢れ”を持つため、忌み子として社会的には忌避されがちですが、冒険者としては優秀であり、魔法戦士として高い適性を持ちます。そのため、冒険者としては差別なく、歓迎されます。
ナイトメアは15 歳から成人として扱われます。最大寿命は定かではなく、老衰で死んだ記録はありません。成人前に冒険者となるケースも多く、ほとんどは死ぬまで冒険者であり続けます。

◆サンプルキャラクター/ナイトメアの魔法戦士◆
巨大な斧と金属鎧で武装した、ナイトメアの魔法戦士です。
小さな角がある以外、見た目は人間と変わりありませんが、種族の特徴である[異貌]を使うと、肌は青白くなり、頭にある角が肥大化します。その姿は魔物や魔神などに似ていると言うものもいますが、多くが実力主義である冒険者たちは、気にしません。
このキャラクターは両手斧で強力な攻撃を行いながら、操霊魔法による援護を行えます。特に戦闘特技《魔力撃》を用いた攻撃は非常にダメージが高く、生半可な敵なら一撃で倒せるほどの威力があります。
魔法を使うとき、そのままの姿では鎧によるペナルティを受けてしまうため、できるだけ[異貌]してから魔法を使うようにしましょう。
戦い以外のことに関してはやや苦手ですが、高い能力値である程度はカバーできます。
時には攻撃、時には魔法と使い分けながら、敵の殲滅に全力を尽くしましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

リカント


イラスト:黒井ススム

リカントは、アルフレイム大陸に暮らす人間型種族で、豊かな体毛に覆われた尻尾と耳を持ちます。頭部を肉食獣の姿に変化させる能力を持ち、主に野外での生活や活動を得意としています。
男性は人間よりやや大柄ですが、女性は人間とあまり変わりません。細身ながら筋肉質であり、敏捷性に優れています。知性も高く、罠を見破ることも得意としており、優れた戦士、密偵、狩人となります。獣の姿になることで筋力を強化できますが、反面、唸るような独特の発声しかできなくなり、多くの魔法を使えなくなってしまいます。
かつてその姿や特性から、ライカンスロープ(狼人間など)と混同され、迫害された過去があり、以来強い敵対心を持っています。
15 歳で成人とみなされ、寿命は約150 年です。

◆サンプルキャラクター/リカントの拳闘士◆
拳と脚を強化する武器と、動き易い防具で武装した、リカントの拳闘士です。
この種族は、頭部を獣の姿に変えることが可能です。その姿では筋力が増し、武器のダメージや力任せの判定の結果などが非常に高くなります。反面、リカント語以外が話せなくなってしまいます。
このキャラクターは拳闘士として拳や蹴り、投げ技などで攻撃できます。拳や蹴りでの攻撃は、戦闘特技《追加攻撃》の効果により、一度の機会に2回、組み合わせて行うことが可能です。投げ技は1回しか行えませんが、命中すると相手を転倒させることができ、その後に有利な状況を作り出すことができます。
密偵、賢者としても優秀で、このキャラクターひとりで多くの状況に対応することが可能です。仲間にひとりいれば、安心でしょう。
拳闘士の宿命として、鎧は簡素なものに留まり、盾を持つことができないため、攻撃を受けそうなときは仲間に助けてもらうとよいでしょう。
他を圧倒する手数を引っさげ、獣の姿で縦横無尽に駆け巡りましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

リルドラケン


イラスト;黒井ススム

直立した小型のドラゴンです。一見恐ろしい姿をしていますが、第一の剣ルミエルの加護を受けたことから、人族として数えられています。見た目に反して交流を好み、社交的で、交易商人になる者も多数存在します。独自の国家を形成することもありますが、人間の国家で共存していることのほうが多く見られます。
卵から生まれて、3回の脱皮(約30 歳)で成人として扱われ、寿命は約300 年です。

◆サンプルキャラクター/リルドラケンの練体士◆
両手持ちの打撃武器と金属鎧で武装した、リルドラケンの重戦士です。
このキャラクターは敵を武器で攻撃することが、主な役割です。
そのための強力な武器と防具は十分な水準で備えています。ここぞと言うときには練技【マッスルベアー】を使うことで、短時間だけ、熊のような膂力を得られます。《全力攻撃Ⅰ》と併用することで、仲間内でも随一のダメージをたたき出すことができるでしょう。
戦闘中に種族特徴[剣の加護/風の翼]で飛行すれば、敵からの近接攻撃を回避しやすくなり、自身の攻撃も命中させやすくなります。
これも時間に制限のある効果なので、使いどころをしっかり考えておきましょう。[鱗の皮膚]は攻撃に耐えられる能力、[尻尾が武器]はいざというときに武器として扱える能力です。
高い攻撃力と耐久力を存分に発揮し、敵の前に立ちはだかりましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

グラスランナー


イラスト:黒井ススム

草原を旅する小さな人族で、陽気で能天気な放浪を好む種族です。
なぜかマナ(魔法の源)に反応しにくい体質を持ち、そのせいで魔法にはあまり興味がありません。
どこから来たのか、どこで生まれたのかは謎の種族です。彼らは記録も残さないので、真相は闇の中です。ごく稀にですが、地下迷宮や“奈落の魔域”で魔神と一緒にいるところを目撃されることから、異世界から来たという説すらあります。
成人しても人間の子供と見間違えるような体格ですが、15 歳で肉体的な成熟を迎え、寿命は約200 年といわれています。しかし多くの場合、好奇心がグラスランナーを殺します。

◆サンプルキャラクター/グラスランナーの吟遊詩人◆
小型の楽器を抱えた、グラスランナーの吟遊詩人です。
バード技能は、呪歌と呼ばれる特別な効果を持った歌を、広範囲に響かせる技能です。効果はわずかなものがほとんどですが、対象が無差別であること、魔法生物などには効果がないことが特徴です。
バード技能で呪歌の効果を発揮させると、「楽素」と呼ばれる歌のチカラが奏者に貯まります。これがある程度貯まったら、「終律」と呼ばれる曲の終わりを演奏できるようになり、強力な効果を発揮できます。このキャラクターが習得している終律は【終律:春の強風】というもので、攻撃魔法のような使い方が可能です。
スカウト技能も高く、探索や戦闘時の先手争いなどでパーティに貢献できます。武器での攻撃はできず、魔法も使えませんが、活躍は決して他のキャラクターに引けを取りません。
状況に応じた呪歌を奏で、戦いを望むままにコントロールしましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

メリア



ラクシア全体でも珍しい、植物から人族になった種族です。
見た目は人間そっくりですが、頭や肩、手首など、目立つ場所から花が1~数輪咲いており、感情に応じて咲いたりしおれたりするのが特徴です。男女の性差もあり、外形は人間とかなり似ていますが、内部は植物に近い単純な構造で、そのせいか生命力、耐久力に優れます。睡眠が不要であったり、種の形で子を成すなど、かなり特殊な種族です。
能力的に差異はないものの、短命種と長命種が存在し、短命種は種を土に植えてから1 週間ほどで幼児の姿になり、半年ほどで成人します。長命種は、1年ほどで幼児の姿になり、20 歳で成人します。寿命は短命種で10 年程度、長命種で300 年程度生きます。

    


イラスト:黒井ススム

◆サンプルキャラクター/メリアの妖精使い◆
このキャラクターは武器などは扱わず、主に妖精魔法を行使する妖精使いです。
妖精魔法は6つの属性の中から任意の4種を選び、それぞれの属性の魔法を使いこなします。選ぶ4種は1日ごとに変更が可能なので、その日の気分や仲間の構成、冒険の目的などで選んでかまいません。
また、妖精の力を一時借りる基本の魔法も使うことができ、魔晶石を使うことで短時間だけ望んだ妖精を召喚することも可能です。その間妖精使いは妖精魔法を使えなくなるため、使いどころは考える必要がありますが、呼び出された妖精は、頼もしき友人として活躍してくれます。
属性の特徴を見極め、状況に合った魔法で仲間をサポートしましょう!

キャラクターシートなどはこちらから!

2018/07/12公開 2018/09/20更新