富士見書房公式 TRPG ONLINE

毎月20日発売

ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者作品紹介 

SW2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者 

基本ルールブックとなる『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』と同日の7月20日(金)に発売される『ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者』をご紹介します。

新たな大陸・アルフレイムを舞台に、魔神らの前線基地となる“奈落の魔域”に挑め!


新大陸・アルフレイム。魔界へとつながる大穴“奈落”の開いたこの地は、魔神らの前線基地たる“奈落の魔域”にあふれていた。
“風と雨の女神”フルシルに守護された水の都・ハーヴェスで冒険者を志したカイルバーンたち4人。
彼らは最初の依頼で“奈落の魔域”へと足を踏み入れることになるが、
冒険への期待に満ち溢れた彼らを待ち受けていたのは恐るべき魔神の野望だった―。
新種族に新ルール、新たな要素満載のソード・ワールド2.5の冒険はここから始まる!

新種族も加わった個性豊かな冒険者たち

新たな大陸では、獣耳と尻尾を持ち、獣に近い姿に变化できる獣人・リカントを始めとした新たな種族が登場!
「テラスティア」でお馴染みのエルフやドワーフ、ナイトメアなどの種族も選択できるぞ。

種族特性や戦闘特技もさらに洗練されて、手応えのある冒険がより身近なものに!
冒険者たちが『冒険者ギルド』に所属しているのも、『2.5』ならではの特徴だ。

カイルバーン
<ファイター/スカウト>
少しは働けと実家を追い出されたぼんぼんファイター。
だが、生来の陽気さと天然さを持ち合わせ困難に挑む。
何故か剣に縁が薄いが、天性の戦士向きな肉体とケツアゴを持つ好青年。

ラティ
<グラップラー/レンジャー>
強さを追い求めるリカントの少女(原型の動物はラーテル)。
獣の姿に変化してノ●イばりに敵を狩る野性味溢れるアタッカーで、
明るく元気なムードメーカー。

フィディック
<コンジャラー/セージ>
過去の記憶をなくしたルーンフォークの少女。
いつも冷静に味方をサポートするが、怒ると結構怖い。
【コマンド・ドール】用のイタチのぬいぐるみがお気に入り。

ニコ(ニクラウス)
<プリースト>
“風と雨の女神”フルシルに使える盾役の神官。
破産した実家を救うために冒険者となったため、お金にうるさいナイトメア。
そのためか、本人の資質か、パーティーの中でも運が悪い。

魔神の陰謀からブルライト地方を救う大冒険が始まる!

魔神たちの前線基地として、空間を捻じ曲げて野外型のダンジョンを生み出す“奈落の魔域(シャロウアビス)”が、本リプレイの大きな特徴。
手応え十分のギミックや戦闘、謎解きが詰まった物語は、ぜひ実際に目を通して欲しい。
また、大注目の新ルール・フェローデータ(NPCや他PCのデータと一緒に冒険できるシステム)も、実際に使ってわかりやすく紹介!
面白い行動や活躍を繰り広げる彼らの姿も、楽しんでいただきたい。


“奈落の魔域”でお宝を発見! 冒険者冥利に尽きる瞬間。


フェローとして加わる仲間も、一風おかしな連中ばかり!?

  

◆勇者たちの冒険を彩るイラスト郡


リカントの少女・ラティが[獣変貌]でラーテルの姿となりゴブリンを強襲!

事件解決のため、水路の張り巡らされた街を縦横無尽に大冒険!

新たなモンスターも多数登場! こちらは半魔神の蛮族・ディアボロカデット

  

販売情報

ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者

著:河端ジュン一/グループSNE
イラスト:藻

KADOKAWA公式サイト

富士見書房公式サイト

amazon

>>『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』購入はこちら

2018/07/20公開 2018/07/20更新