デッドラインヒーローズRPG FAQ

最終更新:2017年6月19日

============
体験セット
============
Q:チャレンジ・イベントを行なう際、ひとつめのチャレンジ判定に失敗したまま、ふたつめのチャレンジ判定に挑戦できますか?

A:本シナリオにおいては不可とします。最初のチャレンジ判定に成功した場合のみ、ふたつめのチャレンジ判定に挑戦可能です。


Q:チャレンジ・イベントにて、リトライが0未満になった場合の処理を教えてください。

A:本シナリオにおいては、リトライが0未満になった場合、挑まなかったチャレンジ・イベントを含め、「失敗した場合」に書かれたペナルティを全て適用したうえで、決戦フェイズに移行します。

============
デッドラインヒーローズRPG
============
■ルール
Q:同名の状態、及び状態異常の効果は重複しますか?

A:いいえ、重複しません。
「毒n」など数字がつく状態異常の場合、加算せず、数の大きい方を適用します。
(例:「毒2」状態で「毒4」の状態異常を受けると「毒4」になる)


Q:「休憩によって回復」とある状態異常を、それ以外の方法で回復できますか?

A:《エリクサー》など一部のパワーで回復できます。


Q:同名のパワーの効果は重複しますか?

A:効果に「重複する」と書かれているパワーのみ重複します。


Q:パワーや表などの効果は、基本的なルールに優先して適用されますか?

A:優先して適用されます。


Q:グリットを使用して、固定値のダメージを与えるパワーのダメージやショックを増加できますか?

A:いいえ、できません。
グリットによるダメージやショックの増加は、サイコロを振る直前に適用するものです。サイコロを振らない効果に対しては適用できません。


Q:リトライが0未満になるなど、特定のチャレンジ・イベントを行わず決戦フェイズに移行した場合、そのチャレンジ・イベントはどういう扱いになりますか?

A:シナリオごとに異なります。
基本的には、チャレンジ・イベントごとに用意された「達成できなかった場合(もしくは、成功せずに決戦フェイズを迎えた場合)」のペナルティをすべて適用してください。

また、リトライが0未満になった時点でヴィランの計画(毒ガスで一般人を殺すなど)が達成された扱いとなるため、PCは通常よりも苦い結末を迎える場合があります。

Q:デスチャートの結果で複数回[硬直]などの効果を受けた場合の[硬直]などのポイントは累積しますか?

A:はい、累積します。
(たとえば[硬直]ポイントを2点持っている状態でさらに[硬直]ポイントを2点獲得した場合、合計ポイントは4点となる)


Q:チャレンジ判定に、パワーの判定を代用することはできますか? (2017/6/19追加)
(たとえば、チャレンジ判定に〈白兵〉を使用する際、《ボーンエッジ》を宣言することで判定を「〈白兵〉+20%」に変更する)

A:代用しても構いませんが、それによる判定へのボーナス等はないものとします。
(上記の例の場合、《ボーンエッジ》による〈白兵〉+20%のボーナスは得られない)


Q:成長点の使い方について質問します。
「パワー1個の成功率+20%(累積なし)」とありますが、これは次シナリオでのみ成功率が+20%になり、その後は元の数値に戻るという意味でしょうか? (2017/6/19追加)

A:いいえ。成長点の効果はすべて永続です。
「成功率の上昇はパワーごとに一度だけ可能である」という意味です。
(例:判定が白兵+20%のパワーの成功率を上昇させ、+40%とした場合、さらに成長点5点を消費して、+60%とすることはできない)


Q:状態異常「転倒」を受けている際、「属性:移動」のパワーの使用はできますか?

A:はい、使用できます。ただし、状態異常はラウンド終了時まで解除されません。


============
■データ
Q:1D6(最低3)など、最低値のあるダメージやショック、スティグマを計算する際、何らかの修正がある場合の処理を教えてください。

A:1D6(最低3)などと表記がある場合は、出目の最低保証の値が3となります。

たとえば、1D6(最低3)+2で、出目が1の場合、はじめに出目を最低値の「3」にしたうえで+2します。つまり、最終結果は「3」ではなく「5」となります。

Q:サイオンの《ミリオンパワー》と判定オプションの「集中」の効果は累積しますか? (2017/6/19追加)

A:はい、累積します。
基本的に、すべての効果(同名のものを除く)は累積します。


Q:ブ・ロ・ブのパワー《飲み込み》について、飲み込まれていないキャラクターが飲み込まれているキャラクターをパワーの対象にすることはできますか? (2017/6/19追加)

A:いいえ、できません。視認できないキャラクターは、基本的にパワーやアクションの目標にできない、と考えて下さい。


Q:プ・ロ・ブに飲み込まれているキャラクターは、飲み込まれていないキャラクターをアクション(基本攻撃など)の目標にすることはできますか? (2017/6/19追加)

A:いいえ、できません。パワーだけでなく、アクションの目標にすることもできないものとします。


Q:「タイミング:永続」の装備を取得した場合、代償はいつ支払うことになりますか。
また、このパワーは、1イベント中に複数回使用できますか。不可能であれば、任意に効果を中断して新たな装備を取得できますか? (2017/6/19追加)

A:「タイミング:永続」のパワーに、代償はありません。
 また、「タイミング:永続」のパワーは常に発動しているものとみなされます。
(たとえば《意志の指輪》は、ラウンド進行時以外であれば代償なく《テックアーマー》を創造し、身にまとうことが可能)


Q:エナジーの最大値にプラスするパワーを取得した場合、20を超えることはありますか?
(ハービンジャーの《異界の精神構造》など) (2017/6/19追加)

A:はい、可能です。
成長点を使ってエナジーの最大値を上昇させる場合、パワーによる修正は最大値の制限にカウントしません。
たとえば《異界の精神構造》を取得しているキャラクターは、サニティの最大値を25まで成長させることができます。



デッドラインヒーローズRPGについてのお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。なお、原則として個別への回答は行っておりません。FAQや正誤表の製作の参考にいたしますので、ご承知おきください。